立山歯科の社会貢献

佐賀医科大学名誉教授、 香月武氏の世界的社会貢献をバックアップ

立山歯科グループの技術顧問である佐賀医科大学名誉教授、香月武氏は口腔外科の世界的権威です。これまでも日本国内外で様々な実績を残していますが、現在は発展途上国の歯科医療の技術向上を目的に、頻繁にボランテ ィアとして海外での診療、手術を行っています。立山歯科グループでも費用的なバックアップと、歯科医師の派遣を行い、その活動を支援しています。 近年ではアフリカのチュニジアをはじめ、フィリピン、 ベトナムなど活動は複数の国におよび、その活動は現地から大いなる感謝を集め、マスコミに も多く紹介されています。また香月氏はその実績が評価され、国際口唇口蓋裂協会総会にて医療援助貢献賞を受賞しました。

平成24年3月には、公益財団法人西日本国際財団アジア貢献賞を、さらに平成25年には、公益財団法人社会貢献支援財団(会長/安倍昭恵・内閣総理大臣夫人)より「社会貢献者表彰」を受賞しました。NPO法人インターナショナル葉隠を設立し、手術用機材や救急車の寄贈など、さらなる国際貢献活動を進めています。

香月武氏の海外ボランティアの記録が本になりました。「海外歯科ボランティアの道」著者/佐賀医科大学名誉教授、 医療法人立山顧問 香月武氏 発行/株式会社日本歯科新聞社 価格/1.800円(税別)

 

 

香月武氏と立山歯科小郡医院の院長がチュニジアの無償診療に参加いたしました。